事例紹介|大胆なほど広く抜けたLDKで魅せる、大人の余裕

事例紹介|大胆なほど広く抜けたLDKで魅せる、大人の余裕

事例紹介WORKS

大胆なほど広く抜けたLDKで魅せる、大人の余裕

新築シンプルモダン
カラー : ブラックホワイト

大胆なほど広く抜けたLDKで魅せる、大人の余裕

ご夫婦2人でゆったりと暮らす家づくりをご提案。

木の香りを感じる自然な素材感とデザイン性の高さを感じる外観。

ダーク色の外壁にアクセントとして木目調のファサードを取り入れ、直線的でシャープな外観デザインながらナチュラルさも感じるお家です。エクステリアでは駐車スペースを広く取りつつ、アプローチは白を基調にデザインされ、シンボルツリーが印象的です。

窓からお庭の緑を臨むことのできるLDKスペース。光冷暖を採用することで、まるで森の中にいるような心地よい空気を楽しめます。

LDK全体が見渡せるキッチンにしたいというお施主様からのご要望から、キッチンからリビングまで大胆にLDKをひとつなぎにするデザインに。

大きな窓による夏場の暑さを心配される方もいらっしゃいますが、光冷暖のお家なら大丈夫。二重サッシや家全体の断熱材によって理想の断熱・遮熱環境を整えることでより空調効率を高め、光冷暖の効果が発揮されるため、広い空間があってもムラなく一定の体感温度で過ごすことができる住まいとなっています。

光冷暖ラジエーターは窓と反対側に設置し、廊下とLDKを隔てる間仕切り格子としても活用しています。ブラックの光冷暖ラジエーターがお部屋のアクセントにもなっており、大人の落ち着いた空間づくりも一役買っています

2階の広く取った寝室もご夫婦のこだわり。1階のリビングルームとは雰囲気を変え、気持ちいい朝を迎えられるように白を基調に明るく爽やかに。カーテンを開ければ窓から見晴らしのいい田園風景を臨めるよう、大きな窓とテラスも設置しました。

事例紹介一覧に戻る

同じカテゴリの
事例を見る

  • デザイン性と機能性を兼ね備えた吹き抜けを楽しむ

    デザイン性と機能性を兼ね備えた吹き抜けを楽しむ

    お施主様こだわりの広々としたリビング。2階への吹き抜けが気持ちよく、開放的なくつろぎスペースに。リビングの様子を2階からも見渡すことができます。

    キッチンダイニングからリビングにも目が届くため、お子様の様子を家事をしながらでも見守ることができる安心感のある空間になりました。

    光冷暖はエアコンやヒーターなど送風する冷暖房とは反対に吹き抜けや壁で空間を仕切らない設計との相性抜群。より効率的な温度調整が可能となるため、見通しのいい家づくりをしたいというご要望に光冷暖がぴったりマッチしています。

    たっぷり自然光を取り入れた光射す吹き抜けリビングでも、夏場の熱気や冷房の風を心配することなく快適に過ごすことができます。

    内装は白を基調にまとめ光冷暖ラジエータの色もホワイトで統一することで、シンプルですっきりとしたデザインに。

    収納スペースとなる大容量クローゼットは光冷暖のラジエーターの後ろに設置。

    ラジエーターを仕切りや目隠しとして活用し、生活感のある収納扉を隠しています。

    和室スペースもあえて壁で仕切ってしまうのではなく、左右に戸を収納することができる引き戸にすることでリビングスペースの一部となる空間に。
    エアコンを取り付ける必要がないので、無駄なものがないスッキリとした和の趣ある部屋となってます。和室らしく下からから採光で、落ち着きのある一室にも、子どもたちの遊び場スペースとしても活用できます。

    新築
  • 梁をデザインの一部に取り込み、心温まる時間を演出

    梁をデザインの一部に取り込み、心温まる時間を演出

    1階のLDKはのんびりと家族の交流を深めることができる空間に。

    光冷暖のラジエーターを仕切りとして活用しながらも全体的にはつながりのある広々としたLDKとなっています。中央スペースを2階への吹き抜けにすることで、どこにいても家族の気配を感じることができる住まいとなりました。

    一般的に懸念されるのは、吹き抜けにすると空間が広くなる分冷暖房の効きが悪くなり光熱費が高くついたり、場所によって温度にムラができるといったデメリットの存在。しかし、光冷暖による空調管理なので家の中のどの場所でも一定の温度で過ごすことが可能となっており、結果的に光熱費を抑えることができています。

    自然の素材感のある天井の梁がアクセントとなり、ぬくもりを感じさせるリビングデザインが印象的です。

    家族のコミュニケーションスペースを大切にしたいというお施主様のご要望から、ダイニングテーブル以外にも家族団欒できるペースを設けました。家事をしている間でも子どもたちが宿題をしたり遊んだりする様子を眺めることができます。

    キッチン周辺はリビングとは雰囲気を変え、白を基調とした明るいテイストに。

    ダイニングテーブルはキッチンのすぐ後ろにあるため、家事の動線もスムーズ。ダイニングテーブルをアイランドキッチンのように使用することも可能です。テーブル横の壁には見せる収納も。コップやお皿をサッとテーブルから取り出すことができる利便性もあります。

    2階の廊下にも団欒できるコミュニケーションスペースを配置。

    区切られていない共有スペースを設けることで心配になるのが空調の問題。しかし、光冷暖であれば家全体を快適な温度に保つためこういったスペースでも快適に過ごすことができます。

    子どもたちの勉強部屋や、家族のコミュニケーションを活発にする自由な空間となっています

    部屋の扉は一つひとつ個性を出せるようにとそれぞれ異なる色に塗り分け、遊び心のあるアクセントに。

    新築
  • 白い壁と木のテクスチャが際立つ心地よいバランス

    白い壁と木のテクスチャが際立つ心地よいバランス

    随所にあしらわれた無垢材が印象的なお家。木の香りと温もりを感じるお家の壁と光冷暖のラジエーターを白で統一することで、シンプルながらも明るくクリーンなデザインに。

    階段下はデッドスペースを活かして、たっぷり収納場所を確保しています。

    格子戸のように光冷暖のラジエーターを配置することで、間仕切りとして、そしてより効率のいい空調管理の起点として、それぞれ大きな役割を果たします。

    和室のダイニングスペースは大胆に吹き抜けにして、より開放感あふれるコミュニケーションスペースに。お施主様あこがれの掘り炬燵でゆったりとした一家団欒のひとときを演出。

    2階の階段上がってすぐ横に、もう1台光冷暖のラジエーターを設置し、より心地よい体感温度を保ちます。

    新築